2014年

10月

02日

マーケティングで社会的課題を解決する研究会「カト研」スタート 第1回目は「NPOと企業のコラボの活性化

ビジネスパーソンの学びの場を主催する株式会社オプンラボは学びの場「opnlab」で、駅ナカマーケティングの専門家であるジェイアール東日本企画 加藤肇(かとうはじめ)氏が私的な活動として座長をつとめる、マーケティング研究会「カト研」をスタートします。

 

「マーケティングの力で社会的課題の解決を考える」をテーマに定期的にワークショップを開催します。

 

第1回は10月22日NPOと企業のコラボの活性化をテーマに神奈川県職員の方を招いて議論をします。

 

オプンラボは「カト研」をはじめ多様な学びの場を創造し、ビジネスパーソンが楽しく有意義に働くために役立つリアルな場・学びの機会を提供します。
 

■名称 カト研(かとけん)

 

■概要

商品やサービスを売るだけでなく、社会の課題をマーケティング視点からどのように解決できるか。マーケティングの専門家が活用する課題解決のフレームワークを用いて、ワークショップ形式で考えます。非営利団体の活動支援や少子化対策などを、各分野の現場で活躍する方をゲストに招き、テーマに関心を持つビジネスパーソンを募集し、当事者と一緒に解決策を考えます。

 

ゲストスピーカーは現在抱える課題を解決するヒントを持ち帰ることができる一方、参加者は社会課題を抱える現場を深く理解するとともに、マーケティングのフレームワークで課題解決をする手法を体験します。

 

■会場 都内会議室

 

■定員 25名

 

■開催頻度 2〜3ヶ月に1回、1回2時30分程度

 

■対象 テーマに関心のあるビジネスパーソン、NPO関係者、官公庁職員、団体職員

 

■主催 opnlab

 

[カト研 第1回 概要]

 

■テーマ

 NPOと企業のコラボを活性化する方法とは?

■日 時

 2014年10月22日(水)  19:00‐21:30

■概 要

 企業の社会的価値が問われる中で、戦略的なCSRに取り組む重要性が高まってきています。一方、NPOなどのソーシャルセクターにおいても、企業とのコラボレーションなどを通じその活動を活発化させることが大切になってきています。しかし、企業とコラボのコラボレーションが成立しても、一過性の関わりで終わるケースも少なくありません。

 そこで、数々の企業とNPOのコラボの現場に携わってきた神奈川県くらし県民部NPO協働推進課石橋正尋氏をまねき、これまでの取り組みを紹介いただき、どのようにすれば企業とNPOのコラボレーションが一層活性化し、持続性のあるものになるのかを参加者とともに考えます。

 

■場所

 アイティメディア株式会社7階会議室(東京都港区赤坂8-1-22 赤坂王子ビル)

■参加資格

 テーマに関心のあるビジネスパーソン、NPO関係者、官公庁職員、団体職員

■定員

 25人

■参加費

 2000円 ※ワークショップ終了後に、簡単な懇親会あり

■申し込み

 opnlabのサイト http://www.opnlab.com/よりお申し込みください。

■主催・運営

 opnlab、カト研

■協力

 Business Media 誠

 

【問合せ窓口】

 オプンラボ 小林利恵子 メール:information@opnlab.com  03-5843-6356

カト研 加藤 肇(かとうはじめ)メール:hhjjmm0621@gmail.com

 

[オプンラボとは]

すぐには役立たないけれども、後からじわじわ効いてくる大人の学びの場「opnlab」を主催。「面白くなくちゃ学べない」をモットーに、「学び」をキーとしたイベントで、心に残る経験を残すマーケティングセミナーや社内研修などの企画・プロデュースを得意とする。