2014年

9月

01日

本では学べない「人脈」の作り方

オプンラボは10月3日、「人脈」をテーマにトークイベントを開催します。

 

スポーツクラブを経営する上場企業:(株)ルネサンスで、成長分野の「ヘルスケア事業」を統括する高崎氏。facebookの友達は2700名を超え、民間企業だけでなく、官・学にまで広がる幅広いネットワークをどのように築いたのか。

 

また、朝日新聞系の折込広告界者の鍋島氏。60歳を過ぎてからスタートしたFacebookの友達は2600名以上。新聞・印刷業界にとどまらず、大学生から大企業の役員、看護士など交遊関係が多種多様。業種や年齢を問わないその「人たらし」の秘訣は何か。

 

それぞれがもつ人付き合いにおいて大切にしていることや、逆に決して人に対して「やらない」と決めていることなどを伺い、若い人にも現役の人にも定年後の人にも、仕事においても、プライベートにおいても気づきの多い、人脈の作り方を考えます。

 

■お申し込み > http://www.opnlab.com/events/hito

 

■日時 2014年10月3日(金)19:30-22:00

■スピーカー

パネリスト

 ルネサンス 常務取締役 ヘルスケア事業本部長 高崎尚樹

 折込広告文化研究所 代表 鍋島裕俊

モデレーター

 オプンラボ 小林利恵子

 

■構成

19:30-21:00 トークセッション

21:00-22:00 交流会

 

■プロフィール

高崎尚樹 株式会社ルネサンス 常務取締役 ヘルスケア事業本部長

ダイエーグループにてサービス事業担当 1994年 (株)ルネサンス入社 営業・開発・商品開発を担当後、初代経営企画部長として株式上場を指揮。2006年より現職で新規事業の開発・展開を推進。政府が進める健康関連政策にも関与している。 経済産業省:次世代ヘルスケア産業協議会WG委員、PHR研究会委員。厚生労働省:健康日本21全国推進連絡協議会幹事。スマートライフプロジェクト委員。(公財)健康体力づくり事業財団理事。経団連ヘルスケア産業部会、東京都・千葉県・福岡市等自治体等委員。  医療保険者や企業と協働し、健康増進や介護予防事業の先進的モデルの企画や実証事業に取り組み運動指導や生活習慣全般の指導の健康づくりに、マーケティング&マネジメントの技法を導入し推進。 法政大学大学院経営学研究科在学中。

 

 

 

鍋島裕俊 折込広告文化研究所 代表

1950年、佐賀県佐賀市に生まれ。1980年に朝日新聞社系の折込広告会社に営業で入り、その後、出版、マーケティングを経て、現在、メディアの方向性を考える戦略セクションに所属。メディア戦略本部アドバイザー。

(1)折込広告の全般、(2)折込広告史、(3)新聞販売店のイノベーション、(4)地域とメディアなどをテーマとした講演多数。
2014年に「折込広告文化研究所」を設立。

「商業界」「食品商業」「宣伝会議」「販促会議」「物価資料」などに執筆。

 

オプンラボ 小林利恵子

ビジネスの可能性を広げる楽しい学びの場「opnlab」を主催。

「変人コレクター」の異名を持ち、少しクセがあり魅力的な人や企業をリアルな場やメディアでつなげることを得意とする。「上質な経験」を外部のCEO(チーフ・エクスペリエンス・オフィサー)として支援。

 

■参加費

事前登録 2000円

交流会  2000円

当日申込み・opnlabメンバー外 4000円(交流会費用別です)

 
■お申し込み